2018年10月04日

ナツメと葉トウガラシの味

厚い雲が覆っていた今日、湯ノ花は稲刈りも進み我が家の蕎麦も留守中に刈ってくれてました。
「湯ノ花で一番最初に刈ってね!!」とお願いしておいた甲斐ありです。
でも、田んぼも畑もきれいになってしまい木々も色づき始め何とはなしに寂しさも漂ってます。
DSCN2002.JPG

今日は初めての味を体験。
まずは庭のナツメ。
ブドウを食べつくした蜂が今度はナツメにやって来たので慌てて収穫し美味しそうには見えない色だけど蜂が食べてるんだから・・と思い口に入れてみたらパサパサのリンゴの味でした。
抗アレルギー作用があるそうですよ。
DSCN1993.JPG
そして葉トウガラシ。
鷹の爪や伏見南蛮等の葉を摘んで炒めたら苦みがありお酒を飲みたくなる大人の味、柔らかくてリンも気に入ったみたい。
この炒め物は30年も前に買った「きょうの料理」の中に載っていたのですが、今日読み返してみて気になり作ってみました。
30年前にはきっと記憶にも残らない大人の味の一品だったんだろうな・・
20年前の食器は捨てたけど料理本は何年たっても役立ちます。
DSCN2004.JPG
posted by めぐみ at 20:38| 福島 ☁| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする