2020年01月01日

おめでたい正月ですが・・

DSCN4514.JPG
今年もよろしくお願いいたします
令和初めての正月を迎えた湯ノ花は朝からこのような青空に恵まれました。
雪がほとんどなくて困った正月でもあります。

今日は元旦から大当たり天神湯の掃除当番でした。
のんべあぶさんがコメント内で書いていらっしゃったのでちょっと私的見解を書きたいと思います。
DSCN4452.JPG
このようなポスターが各民宿と星商店に配られました。
皆さんはわからないと思いますが湯ノ花には「旧戸」と「新戸」があり「共有財産区」と書いてあるのは旧戸世帯を示しています。
昔から湯ノ花に根を下ろしてる家が旧戸で共有の山や温泉の権利などを維持管理していて(多分)そのまま現在に至っています。
なぜ新戸の私が掃除当番・・湯ノ花に住んでいるのならやらなくちゃいけない、その代わりタダで入浴できるシステムです。

年末に旧戸だけの決算があり入浴券の売り上げ等から維持管理費をプールした後の余剰金?は毎年配当されます。
昨年はわかりませんがお金はある・・と言う話も聞きました。
石湯が流されることは想定内だったと思うので、しかも4つも温泉を管理するためには相当のプールがあると思います。

もし本当に厳しいのであれば安易に寄付をお願いする前に権利者間でそれなりの努力があってしかるべきと思うのですが・・

うちも温泉がダメになってからは共同浴場に助けられ営業ができてますので寄付してと言われればお断りする理由はありませんが・・もう少し納得いく説明があれば・・かな?!

ということで、皆さんからの暖かい寄付を配当金に充てたりなど無いよう時間ができたら区長さんに言いたいと思います。


posted by めぐみ at 21:59| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする