2020年05月17日

ワラビも花もイチゴも時間をかけて

朝のうち少し雨でしたがその後また良く晴れました。
昨日の夕方から開墾した花壇にオキザリスを植えてます。
オキザリスはいろんな種類があるけど植えたのは我が家で増えてきた冬にも強い、多分別名「イモカタバミ」だと思います。
雑草にも負けないし秋まで咲くし、こんもりとする3年後を楽しみにしましょう!
DSCN5322.JPG

DSCN5321.JPG

ワラビも採ってきました。
こちらも気長に待っていたら今年はソバ畑の畔や土手にかなり増えてました。
やや細めですが炒め物には私は細い方が好き・・お浸しはやはり太い方がいいかもです。
DSCN5323.JPG
例年あく抜きは岩魚を焼いた後の灰を使っていたのですが今年は冬も雪不足であまり焼けず、その後こういう状態なので初めて重層を使いました。
果たしてうまくいったかどうか・・足りなかったかなぁ・・・
DSCN5334.JPG
こちらはすごい!!
長年無農薬栽培にこだわりやっとここまで出来た南会津産イチゴだそうで試食にいただきました。
今は酸味が足りないところを改良しなければならないそうですがその内市場に並ぶ日がやってくるかも!ですね
DSCN5313.JPG
posted by めぐみ at 17:11| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする