2018年11月29日

最後の贈り物

今日も穏やか、11月も末なのに怖いくらい暖かい日が続いてます。
昨日無事公代さんのお葬式が済みました。
火葬場で待っている最中に今まで見たこともない大きくてはっきりした虹が山ではなく火葬場の窓を開けたすぐ目の前の畑に出たのです!
「公代さん天国に行ったのかなぁ?!」などとその虹に驚きながらも皆感慨深くなっていました。
私には公代さんからの最後の忘れられない贈り物に見えました。
突然逝ってしまったので誰にもお別れをできなかったから「これでサヨナラ・・!今までありがと!!」と言ってるみたいでした。

午前中今日も公代さんの家の片付けをお手伝い、空き家になってしまうので一生懸命作った野菜たちをたくさんいただいてきました。
DSCN2328.JPG
今夜はその中のキャベツ1個を使って洋風煮込み、手羽元も冷凍庫からチャッカリいただいたもの
DSCN2331.JPG
3年前に一緒に買った多肉も大切に育てるからね!
DSCN2329.JPG
片付けは明日の午前中でひとまず区切り、公代さんの話題も今日で一区切りと致しましょう
posted by めぐみ at 21:50| 福島 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恵さま
いろいろと大変でしたね。何が良いかわからないけど、あっという間にいなくなると言うのも悪くはないなあーと思っています。ボケて元気でいるのも家族に申し訳ないし、まあ、身の回りは少しは片付けておかないといけないね。まだまだ片付きませんが。
Posted by おののきりん at 2018年11月30日 16:38
田舎は人口が超少ない分一人一人との関わりが濃くなりその分だけ失うとショックも大きくなりがちです。

早い者勝ちですが人生の設計図はあって無いようなもの、今できることはあまり長生きしないようセッセと身を粉にすること?!!(笑)
必要とされてるうちは頑張らないと!片付けはまだまだずっと先のこと💛


Posted by 恵 at 2018年11月30日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]