2021年02月19日

「女」という漢字

DSCN7154.JPG
気温は低いけどまた青空が復活してくれました。
やはり今年は雪が多すぎて除雪隊の人も「もう要らない💦」と言ってました。
除雪だけではなく時々は雪にハマって動けなくなった車を助けたりもしなくてはならないそうで、今朝も横浜ナンバーの車がブルが集めた雪にハマってしまい助けてもらっていました。
なんでそこまで走っていくのかよくわかりませんが・・・
DSCN7155.JPG

先日偶然に検索ワードランキングを見つけました。
「マイノリティー」「ジェンダー」「造詣」そして「犇めく」が上位を独占していて前の3つはオリンピック組織委員会会長選任に必要な5つの条件の中で使われていたもので犇めく(ひしめく)はテレビのネプリーグの問題だったということがすぐにわかりました。
最近横文字を多く使う公人が多くて意味を理解できない人も多いですよね。

辞書を読み終えて(なんで女が付く言葉は悪い意味ばかりなんだろう・・きっと男が作った言葉なんだろう!!)と思ってましたがそこも検索してみたら「女」という漢字はそもそも手を前に跪いている象形文字から始まったそうです。
男の奴隷的な立場だったらしくってそんな大昔から男尊女卑の歴史が続いていたわけですからそんなに短期間で「ジェンダー」は解決できません。
特に漢字文化の国は・・!
例えば男二つに挟まれてる嬲る(なぶる),女が3人の姦しい(かしましい=うるさい),嫉妬なんて二つも付いてるし・・ひどいでしょ
だからというわけではありませんが私的には新会長も大阪選手も応援してます
何もできないけどオリンピックが無事開催されそうな気がしてきました
爽やかな風がフワ〜ッと吹いてきたような〜
今日は長男の誕生日33歳になりました
予定日より4日遅れ、前日お客さんがいたので義母に朝ごはんをお願いして会津若松の産科に行ったことが昨日のことのようです。
DSCN7156.JPG

posted by めぐみ at 18:24| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]